to top page
2018-10-10
『共産党宣言』以前・以後
『共産党宣言』の以前と以後で貧困へのマルクスの対し方が変わった、とハンナ・アレントが言っている。『宣言』以前のマルクスは貧困を人為――搾取――によるとしたが、『宣言』以後は科学――歴史的必然――によるものと見た、と。

(マルクスは、)初期の著作では社会問題を政治的用語で語り、貧困の苦境を抑圧と搾取の範疇で解釈した。それにもかかわらず『共産党宣言』以後書かれたほとんどすべての著作で、その青年時代の本当に革命的な活力を経済学的用語で再定義したのもマルクスである。いいかえると彼は、最初、他の人びとが人間の条件に固有な或る必然であると信じていた暴力や抑圧はむしろ人為的なものであり、人間が人間にたいしておこなうものであると考えていた。しかしのちになって、あらゆる暴力や犯罪や暴虐の背後には歴史的必然の鉄則が潜んでいると考え直したのであった。(ハンナ・アレント著、志水速雄訳『革命について』)

問題は歴史法則にある。
貧困を憎む点でマルクスは終始一貫しているが、『共産党宣言』の前後で主張の根拠が入れ替わる。『宣言』以前は感情――搾取される貧困層への同情と搾取する側への怒り――が拠り所であったが、『宣言』以後は科学――資本主義社会から共産主義社会への必然的移行という史観――が取って代わった。

以下はアレントと関係なく。
感情から科学へとは、一見、理知的な方向への変化だが、じつは宗教化ではないか。
科学がみずからを科学的であるとわざわざ強調することはない。たんたんと科学であるよう務めるのみ。
科学は科学を自称しない。科学を自称するのは宗教。
マルクスもマルクス主義者も、歴史へのこだわりを深めるに連れて、自らの思想の科学性を強調するようになった。すなわち宗教化した。宗教としてのマルクス主義はエンゲルスの『空想から科学へ』で定式化され、レーニン、スターリンによって現実世界に適用された。我々は科学を奉じ、科学に拠って考え、科学に従って行動している。我々は科学的であり、ゆえに絶対的に正しい。
2018-09-29
ある尊氏のアンチ理想主義
いいなずけを連れた刺客。名は於義丸。いいなずけの名は桔梗。
寺山修司のテレビドラマ台本「足利尊氏」から。

桔梗が於義丸に言う。

政治の善は、時がさだめるものです。

桔梗は理想を信じない。理想というものがあることは知っているが、それぞれの理想の是非は知らない。いや、知らないのではなく、是非はわからないのだと考えている。それぞれの理想の是非・善悪は、それらの理想が考え出されたり主張されたりしている段階では定まらない。それが定まるのは、時間を経たあとでなのだ。
「善はあなたがいま決めることではない」と桔梗は暗殺をやめさせようとするが、朝敵=足利尊氏の殺害が善であることを疑わない於義丸は、彼女の願いを拒否する。

尊氏と桔梗の会話。

尊氏 あの男は、私を殺すことを政治の理想と結びつけている。あの男にとっては、造大内裏行事所の仕事だの乾坤通宝の重さだのが現実ではなくて、その構想だけが政事なのだ。(笑)
桔梗 前から気づいていましたか?
尊氏 目の色が違っていたな。
だが、あの男には私は斬れぬ。
桔梗 斬れぬ?
尊氏 思想で人を斬るのは狂人だ……人が刃物をふりまわすのは……銭とか、名誉とか、ときには嫉妬とかいったときに限られている……あの男は自分の狂気を過信しているのだ。

尊氏も理想を持たない。だが、理想というものがあることは知っている。
狂人だけが思想で人を殺せる、と尊氏は言う。
於義丸にはその狂気が足りない。だから私=尊氏を殺すことはできない。
やがて桔梗は尊氏に身を任すことになる。
尊氏暗殺の目的を於義丸に遂げさせるには動機が要る。
だが於義丸は狂人ではない。狂気の足りない者にあっては「思想」は有効な動機となりえない。そこで「思想」に代わる動機として、彼ら――尊氏と桔梗――は「嫉妬」を於義丸に与える。

「暗殺者を差し向けてきた政敵は何者か」と問う弟の足利直義に、尊氏は「政敵?」と問い返す。

そんなものはおらぬ。
この男は、ただ嫉妬に狂った男だ……女を奪られた腹いせに、私を斬ろうとしただけなのだ……何と、茶番な!

この尊氏の言は嘘。
尊氏は於義丸に対し、父性的な感情を持っている。
桔梗は女として於義丸を愛している。
台本では説明されていないが、ともに於義丸を愛する二人が於義丸に使命――尊氏暗殺――を果たさせるべく図ったはず。つまり、尊氏は於義丸に討たれるつもり。桔梗も同じ。ただし、於義丸が嫉妬にかられて尊氏を襲うならばという条件付きで。
二人のおもわくに反して、於義丸は嫉妬をあらわにしない。
「逆臣! 尊氏!」とだけ叫んで、斬りかかる。
「なぜ、間男と呼ばぬ?」との尊氏の問にも応じない。応じればその瞬間に自身の正義が消えてしまうから。ひたすら「朝敵! 朝敵!」と叫びつづけ、ついには泣きながら敗れ去る於義丸。

政治に理念を持ち込まない――これがこのドラマの尊氏の政治思想。
アンチ理想主義。理念や理想で死ぬ気はないが、カネやオンナで死ぬならしかたない、現に他人のいいなずけを奪ったのだし。
「足利尊氏」と対になるテレビドラマ、狂信者が題材の「楠木正成」あり。
2018-09-27
テネシーのジャーナリズム ver.2
そのころあった新聞の紙名
「朝の怒号」
「毎日万歳新聞」
「霹靂と自由の戦いの雄叫び」
「朝の誉れ、ジョンソン郡の雄叫び」
「おいぼれ兵」
「雪崩」
「地震」
「道徳火山」
「へなちょこ野郎」

僕は「朝の誉れ、ジョンソン郡の雄叫び」紙の社外論説委員に採用され、
さっそく社説を書くよう命じられた。
僕の書き終えた社説を直しはじめる主筆。
主筆を狙って窓から打ち込まれた弾丸がそれて僕の片耳を削る。
撃ってきたのは「道徳火山」のスミス。
主筆が撃ち返す。
スミスの第二弾で僕の指が吹き飛ぶ。
そこにストーブパイプから手榴弾が落ちてきて、破片で僕の歯が二本抜け飛ぶ。
「いいか、社説というのはこう書かなくてはいかん」
返された社説は修正の跡で真っ黒。
よくもここまで他人の原稿を切り刻めるものだと呆れているところに、
今度は窓から煉瓦が投げ込まれ、
「大佐だな」
と発砲する主筆。そして撃ち合い。
空になった弾倉を詰めなおして、さらに撃ちあう大佐と主筆。
葬儀屋に向けて退去する大佐。

「三時にジョーンズが来る。来たら生皮で叩いてしまえ。
それより先にギレスピーがたずねて来る。来たら窓からほうり出せ。
ファガソンは四時ごろだろう。来たら殺っちまいな」
言い置いて主筆が外出すると、
ギレスピーが来て僕を窓からほうり出す、
ジョーンズがやって来て生皮でさんざん僕を打ちのめす。
予定になかったやつにも殴られ、さらに襲来する怒り狂った暴徒の群、詐欺師、政治家、記者、ヤクザ。
こんな仕事はやめたい。
そう思ったところに、取り巻きをつれた主筆が現れ、たちまち起こる阿鼻叫喚。
射殺される者、
串刺しにされる者、
四肢を切断される者、
爆発で吹っ飛ばされる者、
窓からほうり出される者。
騒ぎがおさまって主筆が僕に言う、
「君だって、慣れれば、きっとこの土地が好きになるさ」

「テネシーのジャーナリズム」はマーク・トウェインの短編(『バック・ファンショーの葬式』所収)。
以上は、そのあらすじ。

語り手の僕は、南部の気候が健康によいとの医者のすすめでテネシーにやってきたのだが、
「テネシーのジャーナリズムはわくわくしすぎて、僕には向かない」
そう判断して、初出勤のこの日で南部に別れを告げる。
2018-09-14
マルクス、折口信夫、バクーニン、ブレヒト、四様の浮浪者観、とくにブレヒトの場合
ブレヒト『三文オペラ』の最初のト書き。

乞食は乞食をし、泥棒は泥棒をし、淫売は淫売をしている。
殺人物語の歌手は殺人物語を歌う。

猥雑な繁華街で、乞食、泥棒、淫売が、それぞれのすべきことをしている。
これらは、マルクスの言った「ルンペン・プロレタリア」、折口信夫の言った「ごろつき」と同じカテゴリーに入る者たち。
「殺人物語」はドイツ語のモリタート(Moritat)の訳で、犯罪者の行状などを歌う大道芸。その歌手ならばやはり同じカテゴリーに入る。
要するに登場人物は裏社会の者ばかり、というのが『三文オペラ』。
警視総監も主要人物のひとりだが、警吏が賤業であるかは措くとして、この戯曲の警視総監は故買屋にして乞食ビジネスの元締めであるビーチャムとも、犯罪者の首魁にしてみずからも殺人をいとわないマクヒィスとも付き合いがある。それも敵対関係ではなく、友人として。つまりは、警視総監もふくめて裏世界の物語。

マルクスがルンペン・プロレタリアを嫌悪したことは前に書いた。
- マルクスが浮浪者を憎んだこと

折口信夫のごろつき論も別に紹介した。
- 歴史はごろつき駆動
ごろつきに対する折口の態度はどっちつかず。共感はするが、行動をともにすることはできないといったところ。

無政府主義者のバクーニンは「革命が全て暴力的である必要はない」とするなど、マルクス主義者と異なる主張をしたが、とくにルンペン・プロレタリアに対する態度はマルクスと正反対で、彼らを革命の尖兵と見た。

バクーニンは「下層の人々」に注目し、貧困に苦しむ大勢の被搾取層、いわゆるルンペンプロレタリアートは「ブルジョワ文明による汚染をほとんど受けておらず」、ゆえに「社会革命の火蓋を切り、勝利へと導く」存在であると考えた。(ミハイル・バクーニン - Wikipedia

『三文オペラ』のブレヒトはどう考えていたか。
この戯曲に彼が自註して言うには、盗賊役の俳優は、ブルジョワ的現象として演じるべきである、と。
すなわち、ブルジョワこそが盗賊なのだから、そのことが明らかになるように、盗賊の役はブルジョワ的に演じるべしというのだが、表社会(資本主義社会)の喩えとしての裏社会という意味付けなどしなくても、この作品は成り立つ。欲望がむき出しの裏社会のほうがおもしろい、書いていても楽しい――ということでは、いけなかったのか。
このことは、ブレヒトがマルクスを学ぶ前に書いた『バール』と考え合わせると、いっそうはっきりする。
『バール』の主人公バールは、奪って、犯して、殺してと気のむくままに生きて、あげくのはては野垂れ死ぬ。この野生児についてもブレヒトは、「その本質はブルジョアである」といった意味をあとになって与えているのだが、そんな再解釈が必要だったか。自由に生きたいという人間の――なによりも作者自身の――欲望を対象化した作品ということで足りていると思うのだが。
2018-09-03
後悔でも言い訳でもなく、別の歴史を夢見ること
マルクスの尻ぬぐいはマルクス主義者がやるべきだったのだが、それをしなかったのがマルクス主義者。
軍国日本(あるいはファシズム日本)の尻ぬぐいは当の軍国主義者(あるいはファシスト)がやるべきだったのだが、それをしなかったのが軍国主義者(あるいはファシスト)。
とはいえどこにも酔狂者はいて、勝手に他人の尻ぬぐいをはじめたりはする。

昭和11年(1936年)2月、いわゆる2・26事件起こる。
この武装正規軍による蜂起に呼応して、陸軍少佐大友宮アマヒト親王(大正天皇第5皇子)は弘前の第8師団歩兵31連隊を率いて東京に乗り込み、革命の簒奪に成功するや大嘗祭の儀式を無視して即位。勅令による新元号は「飛鳥」、アマヒトは「天武2世」を名乗る。
これによってヒロヒトの「昭和」は11年で終わり、以後、大日本帝国は天武2世を元首としていただくファシズム国家としての道を歩む。
一方、中国大陸とアジアの情勢打開に苦慮していたコミンテルン(共産主義インターナショナル)は、大陸における日本の強大な軍事力と民族資本の蓄積に着目し、亡命地「満州国」で保護されたヒロヒトを精神的支柱とする「大東亜人民共和国」の構想を第8回大会(1940年)において正式決定する。
かくて、2・26革命から9年後の飛鳥10年(1945年)8月15日、天武2世の大日本帝国敗戦の日、
ここは大東亜人民共和国の未来の首都に擬せられる上海──

以上が佐藤信『ブランキ殺し上海の春』(上海版)の時代設定。
軍国日本の尻ぬぐい。ベンヤミンの用語でいえば救済。
大東亜戦争肯定論のような言い訳ではなく、可能態としての歴史を探ること。『ブランキ殺し』の設定に即していえば、天武2世によって革命を簒奪され大陸に追いやられた2・26反乱の実働部隊が、共産主義勢力と結んで大東亜人民共和国を築くという夢。ヒロヒト天皇を満州に連れ出したのは北一輝だったという。
[前の記事]