to top page
2018-06-22
「滝の白糸」のエッセンスを抜き出した石川さゆり版
吉岡治作詞、市川昭介作曲、石川さゆりが歌った「滝の白糸」から。

恨まない 悔やまない
この世のことは
みんな みんな
おんな心の 愚か故

「滝の白糸」は、勉学を志す青年を女芸人の白糸が支援して東京に送り出すが、悲劇に終わる恋物語。泉鏡花の小説「義血侠血」を「滝の白糸」と改題して新派が舞台化したのにはじまり、映画、歌謡、歌舞伎、音楽劇などが派生した。
原作を読んでも芝居で見ても、個人的には泣けるというほどのものではなかったのだが、石川さゆり版の「滝の白糸」には危うく泣かされそうに。
この歌は最近になって知った。凄艶な歌いっぷりと言いたい。
演歌というジャンルが峠をこえた頃、いわば伝統芸能化した時期の作だから、音楽的な新味はないが、歌詞に描かれた潔さと石川さゆりの歌唱力があいまって、名唱といえるものに仕上がった。
演歌の常道を踏んだ「おんな心の」に用心。ここを男の立場でつごうよく解してはいけない。耐える女や尽くす女を歌った歌詞ではない。みずからの運命を肯定して、敢然と死におもむく「恨まない、悔やまない」生き方が歌われている。
人はきれいに生きるべし。格好良く生きるべし。粋でなくてはいけない。ダンディでなくてはならない。そういう原作の価値観──つまりは鏡花の価値観──をさゆり版の「滝の白糸」は抽出して見せてくれる。

泉鏡花の諸作はダンディズムの教科書として読めるのではないか。

ついでだが、音楽を聴いて泣いたことが一度だけある。
河内屋菊水丸の「河内十人斬り」。
事件の犯人の一人である弥五郎が妹おやなに別れを告げにくるくだり、弥五郎のあまりに勝手な事情説明を苦笑しながら聞いているうちに、感情を揺さぶられて号泣してしまった。遠いところへ行くことになったが、お盆には帰ってくる──つまり死んで帰ってくる──と弥五郎が今生の別れをそれとなく知らせる泣かせどころではあったのですが。