to top page
2018-04-23
文学の拾い物
平凡な日常の設定を平凡なまま文章で描いて、とくに具体性を盛り込むこともなく、想像力を働かせることもなく、技巧をこらさず綴っても文学になる例。

朝お父さんが出勤します。その姿は、玄関から出て道のかなたに消えてしまいます。彼は消滅したのでしょうか? もちろんそんなことはありません。家族の視野の外に出ただけです。家族のお父さんについての認識はここで中断されます。しかし家族はお父さんが夕方にまた姿を見せるという予想をもって夕食の仕度をしますし、雨がふりだせば傘をもって駅へむかえにいきます。夕方、お父さんの姿が玄関にあらわれても、無から有が生じたわけではありません。

掌編というにも短かすぎる。散文詩というようなものでもない。たんに「文」というしかなさそうだが、ジャンルはともかく、会社に出かけたお父さんが家族の視界から消えたことをもって、
「彼は消滅したのでしょうか?」
と問う運びがいい。意表をつかれて、つい笑ってしまう。最後の
「無から有が生じたわけではありません」
でまた気持がほころぶ。今朝、道のかなたへ消えたお父さんが、夕方、玄関に姿をあらわす。でもそれは、無から有が生じたわけではありませんというので、思いがけず文学を拾ったような気になれる。

引用は三浦つとむ『弁証法はどういう科学か』(講談社現代新書)から。引用箇所の続きを少し先まで出しておくと、

お父さんの姿が玄関にあらわれても、無から有が生じたわけではありません。視野の外から視野の中へはいってきたにすぎません。彼は朝出ていったのと実体的に同一の人間です。

客観に終始しながら、それでも漏れだす詩情とでも言うか。
価値観や感情を盛り込まなくても文学は成り立つ。感情が歌われてないからといって、非人間的なのではないし、虚無でもない。むしろ楽しい、気持がほぐれる。喜怒哀楽を排しても成り立つのだよ、内面なんかなくてもいいのさ──と作品が密かなメッセージを送ってきているかのようで、文学のひとつの理想ではないだろうか。
本を読んだのは弁証法について考えたかったからだが、その件はあらためて。