Magazine Oi!
2017-03-16
我がせこが来べき宵なり、ささがにの…
歌舞伎や人形浄瑠璃の「我がせこが来べき宵なり、ささがにの──」は、蜘蛛の妖怪の出現を告げるフレーズ。オリジナルは『日本書紀』允恭紀にある衣通郎姫(そとおりのいらつめ)の歌。

この記事は別ブログに移しました。
続きは下記をご覧ください。
- 我がせこが来べき宵なり、ささがにの… - 浮寝帖